CRAに転職する理由は、仕事が新薬の開発と大きく関係しているので、社会に貢献できているという実感が持てることです。
Show MenuHide Menu

CRAとは?

最近医療機関に勤めている友人が転職を考えています。

それで、医療の現場にいる人が、転職しやすい現場にはどんなところがあるのだろうと思い調べてみましたら、最近はCRAに転職する人が増えているそうです。

では、CRAとはどんなことをする仕事なのでしょうか?
CRAとはClinical Research Associateの略で、臨床開発モニターとも呼ばれています。

主な仕事には、治験に関る契約を確認したり、治験の状況を正確に、そして迅速に進行させることが関係しています。

では治験とはどんなものでしょうか?
治験とは、治療の臨床試験のことです。

企業は新薬を開発したときに、医薬品医療機器等法上の承認を得るために、臨床試験をしなければなりません。

それで、この治験をしている期間中に、誰かが責任を持って担当し、計画、調査、確認する必要があります。

これが、CRAの仕事です。

臨床開発モニターは治験が始まる前から終わった後に至るまで、治験がスムーズに行われるように調査したり確認したりしています。

そして、最も重要な仕事の中に、モニタリングをする業務もあります。

このモニタリングの業務の中には、関係する資料をもとに、治験がきちんと計画に従って、適切に行われているかどうかを、資料を見ながら、確認、照合する作業があります。

そして、もし万が一、治験薬の重大な副作用が発生した時、有害事象に対応したり、有害事象の報告書を作成することも臨床開発モニターの仕事です。

詳しくはこちらへ⇒⇒⇒CRA(臨床開発モニター)の転職・求人