CRAに転職する理由は、仕事が新薬の開発と大きく関係しているので、社会に貢献できているという実感が持てることです。
Show MenuHide Menu

薬剤師から転職する場合

2015年6月13日

医療機関で働いている人にとって、やりがいがあり、給料もいいのでCRAに転職する人が増えています。

では、もし薬剤師の人がCRAに転職を考えたらどんな準備が必要でしょうか?
多くの薬剤師は、患者がきちんと薬を飲んで症状が軽くなる姿をみるとやりがいを感じます。

しかし、その一方で新しい薬の開発に携われば、もっと多くの人に貢献できるのでは無いかと考えて薬剤師をやめ、CRAに転職する人も少なくありません。

また、現在薬剤師との資格を持ってはいるものの、ドラックストアでレジ打ちをしていて自分のスキルを活かしきれていないと感じ転職を希望する人もいるようです。

実際CRAの半数近くの人が、薬剤師からの転職です。

CRAの仕事は、大卒の学歴や一般教養だけでなく、薬の専門知識も無いと勤まりません。
これで解決!>>薬剤師で新薬開発に関われる?臨床開発モニターと調剤薬局の違い

しかし、求人の募集は大都市を中心に、既にCRAの経験がある人が重宝がられて、未経験者の募集はとても少ないのが現実です。

それで、もし未経験者からCRAに転職すり時には、そもそもの求人数が自体が少ないので、すぐに転職活動を始めなければなりせん。

注意できる点として、薬剤師から転職する場合には、薬剤関係のスキルのほかに、スケジュールを管理したり、他の人とのコミュニケーションも求めらられます。

コミュニケーションのスキルとしては、現在薬剤師として働いている人なら、既に患者とコミュニケーションをとっていると思いますが、患者とのコミニュケーションに加えて、他のスタッフと一緒にひとつのプロジェクトを進めて行かなければなりません。